SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自分勝手な暴走blog

<< 10年01月購入予定コミックス・文庫・DVD | main | 10年02月購入予定コミックス・文庫・DVD >>
近況、09年12月と言うかカニレポ。
12月12-13福井カニ喰い行参加者の皆様、お疲れ様でした。
以下レポを。

福井に到着、歩いてすぐでかをるそ宅に到着。田舎ってすげぇなと思いました。(失礼
大阪や東京では想像だに出来ないこの近さ、大きさ、そして付近の道路の広さ。
羨ましい。ただただ羨ましい。大阪でこのレベルの家を持ってやると、できもしない野望を抱く。


ほど近くにある蕎麦屋(うどん屋?)で昼飯を食う。
客の多さ、そして蕎麦を打っていると言う声にひたすら待つ。客が引けて席についてもまだ待つ。
蒼龍さんと行ったシダックス徹カラが頭をよぎる。「また、忘れられてる?」
しかしやっと蕎麦が来た。定食だったが予想以上においしく、蕎麦がきもまた、おいしかった。大阪でやってほしいと思いました。


一路海岸沿い、越前ガニミュージアムへ。
越前ガニの歴史と生態、住民との生活を見せてくれる所でしたがアクリルの厚さの割りに水槽が小さいので歪みまくりで頭が痛くなりました。
蟹ってデカいなぁ。
そういえば「そんな奴ァいねぇ!!」で安原那智君(トンファー☆ミンミン)がゾエア幼虫が好きと言っていた、その実物が見れてよかったと思いました。


日が暮れて現地民かをるそ曰く「数年来の穏やかな」海沿いを走る。瀬戸内のさざなみしか知らない私にしてみれば十分な大波だった。
片側1車線(所によっては1車線無い)の漁師街の道。明かりが少なく、海岸線ゆえのカーブ、そして風と波。どうみてもジェットコースターです本当にあ(ry。
まっくらくらになった頃に宿に到着。波の音が闇に響く。数人が風呂に行った様だが私は車のゆれと怖さで行く気にはなれず。


メインイベントの蟹づくし。
越前ガニまるまる一杯食ったのが強烈過ぎてほかの料理を覚えてません。たくさんあったんですが。あ、ワインおいしかったです。1本空いちゃいましたね。
次回は目の前で茹でられたものや焼き蟹、雑炊か茶漬けと言った米を使ったものを食いたいです。
予算を組むとたぶんとんでもない事になると思うので希望だけ。
タバコ吸い組が外でタバコを吸っていたので私も外に出たら前日の雨でベランダが濡れていた。既に出てた2人はスリッパを使ってた。だまされた。今度は私がだましてやる!
風呂は想像してたものより小さかったですがいいものでした。くそう。また行きたいなぁ。
夜が明けて13日朝。カンポの宿で出てきたような豪華な朝食を食ってゆったりと宿を出る。


夜とはまた違ったワインディングロード。道が逆なのに含めて日が出ていると言うのはやはり大きい。
慣れたお陰か日が出ているからか、幾分楽な気持ちで乗っていると水仙ミュージアムに。
と思ったら閉館。やはり客が居ないのか。そりゃ行く手前から群生する水仙に囲まれてりゃあわざわざ入らなくても良いと思うよな。
崖っぽい道路を降りた先にある海辺の水仙ドームに向かう。
ここはやっていた。いろんな水仙が咲いていて、興味は無かったがなかなか良いと思った。けど私的には賑やかしに生えていたシダ植物のほうが良かった(ぉぃ
防波堤などがあったので前から日本海に興味のあった私は堪らず前に。周囲の止める声も聞かず立ち入り禁止の柵の向こうへ。
波が身長より高い所までうねる、そんな所の手前まで行ってやっと日本海に来たという実感が。ヤッホー!!
戻る前に妙なものを見つけ、拾って戻る。エチゼンクラゲの破片でした。
配合を間違えたゼリーのように固く、けど指を埋めるとずぶずぶ沈む。そして垂れる水分。食う真似をした所をバシャバシャ撮られました。誰か写真ください。


次は305号線をひたすら北上、東尋坊へ。
道中自転車が逆走してたりリッターオーバーっぽいバイクに抜かされて抜かしたり。いろいろと怖す。
駐車場から降りて最初に見たのが猫。屋台に猫は付き物なのか、歩いてたり丸まってたり。まぁ食い物は多いから死なずにいるんだろうなと思った。
観光地然とした屋台の量に驚く。「東尋坊といえば自殺の名所のはず、もっと殺風景なもの」と言う先入観を笑うかの様に土産物、サザエのつぼ焼き、ホタテ、干物、のりetcetc。
そんな屋台の間を進み、崖へ。


そこは自然が作り出した、まさしく断崖と呼ぶに相応しい、絶景だった。花崗岩質の崖が波と風で削られ続けた、その今もなお削られ続ける、その先端に行く。
氷室京介のVIRGIN BEATよろしく風に煽られながら両腕を広げたかったが自然に勝てるはずも無く、腰は引け両手を付いて崖を覗く。
その地点とその周りは観光客も多数・・・とは言わないがある程度訪れる場所で、私も崖先を覗き込むカップルに写真を撮ってやったりした。リア充めちね。
『自殺の名所』と呼ばれる地点はそこよりも少し左手側にあった。手前に「最後の電話」と呼ばれる電話ボックスがあり、十円玉が積まれていた。そこからお助け事務所(?)に通じる電話番号は『2』だそうな。
スクルドが来るなら自殺しても良いな。(失礼
どうみても踏みすぎてぬかるんだ、草もそこだけ少なくなってる場所があった。下は切り立った岩と全てを飲み込みそうな白と黒の波。
ここなのかと思い、ふと祈る。そこから少し右側に進むとウォールクライミングをしたっぽい跡が。その時はこんな場所でクライムをする勇者が居るのかと思ったがどうみても救助ですよね。ハイ。
ちなみにそんな崖の向こうで釣りをやってるおっさん発見。変人はどこにでも居るもんだと変人は思った。
何さえぎる物も無い日本海のパノラマに感動しつつ、その下で死んだ数々の人になんか懺悔っぽいものをしつつ東尋坊を去る。行きがけの駄賃よろしく猫とじゃれて。


うねうね道に飽きたか、内陸路で次の目的地へ。見渡す限り田んぼ。改めて田舎に来ていることを実感する。(失礼
福井駅近くまで戻ってやっと近代化が。(失礼
しかし福井駅には行かず通り過ぎてうわさのヨーロッパ軒に。
かをるそが何度も勧め、あたんが行きたがったその場所、ヨーロッパ軒。福井行くなら一度はおいで、ヨーロッパ軒
その元祖ソースカツ丼が、目の前にあった。


見た目、そこら辺の安っぽい、薄いヘレカツ。ソースが全面にかけられ、漬けているのかと思うほど、黒い。飯にもソースがかけられていた。
腹は減っていたが、匂いはともかく味はそんな物ではないだろう、何も無い福井だからこそ勧める、ありふれた郷土料理に違いないと、そう思っていた。

 


ザクッ


サクサクサク、ゴクン。


味が、爆発した。

 


ベットリ付いているにも関わらず噛み心地を失わない衣、滲み出るソース、そしてそれらに負けない所かあり得ないほどの存在感を醸し出す肉。
米と絡み合う秘伝のソースとの相性もグンバツ。なんと言う事であろうか。今まで食ったどのカツ丼、いやどんな丼物にも負けない、そんな最強のどんぶりが、ここにあった。
ちなみに今まで食った中で最高と思える丼は、山口県唐戸で食った新鮮極まりないウニイクラマグロと透明なイカをふんだんに使った海鮮丼です。
付け合せのキャベツのまたおいしいこと。舌を洗う所か野菜に染められるような気さえする。こんな味の濃いキャベツは食ったことが無かった。
かをるそお勧めのカキフライも絶品。カキフライに対するイメージ(噛み切れなくのどに詰まった過去がある)を払拭するに足るものであった。これからはカキも好きになれそうだ。

 

腹が減っていたので定食大盛を頼んだが食い足りない(にしては腹は膨れていたが)ソースカツ丼を堪能し、かをるそ宅で一息つき、土産を買い、帰路へ。


お疲れ様でした。こんな充実したツアーは初めてでした。観光の為に家族以外と遠出した経験はおそらく初めてだったもんで感動しました。またよろしくお願いします。
とりあえず次は比内地鶏で。

そして私は、自力で遠方に行きたい、そんな気分にさせ、ninjaで行く5/15とかちオンリーin十勝に決意を新たにするのでありました。

そしてクリスマスも何事も無く、そしてninjaのお陰(?)で冬コミを我慢せざるを得ず、09年は更けていくのでありました。
一言で表すなら『我慢』若しくは『息切れ』そんな年でした。
3月と5月の東京遠征で力を使い果たした、そんな気がします。
7月の職場移転とその新しい職場で精根尽き果て回復する兆しも無く、後半の私の楽しみは11月に買ったninja 250Rに乗ることだけだった様に思えます。
心残りは、埋まるくらいに積もる雪を見れなかったこと、道路にまで侵入するようなひどい荒波に出会えなかったこと、そしてninjaで福岡に来れなかった事です。
まさか土壇場になって荒れるとは思わなんだ・・・北陸は大雪だって言うし。なんだろう、かつての札幌でもそうだったし、私は大雪に出会えないのか?(スキー場に行けと言う突っ込みは却下します)

あー、ヨーロッパ軒のカツ丼もう一度食いたいな・・・・・・

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| 日記 | 23:14 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
If you’re interested in winning millions, then I’m here to help!
At <a href=skyliteboom.com>Casino</a> you can play over 450 world-class games and I’m giving you an exclusive Welcome Bonus to get you stuck into winning.
Use it today to increase your chances of hitting our jackpots.
All you have to do is <a href=skyliteboom.com>sign up today</a> and watch the rewards come rolling in.
skyliteboom.com
<a href=skyliteboom.com>Prepare to hit the big time</a>
<a href=skyliteboom.com>Hacer giros para ganar millones</a>
<a href=skyliteboom.com>Holen Sie sich spinnen, um Millionen zu gewinnen</a>
<IMG>http://i63.tinypic.com/ofdmds.jpg</IMG>
| ZlobUrbaf | 2017/11/16 8:37 AM |










http://photo.keychan.cc/trackback/1301873
im@s架空戦記シリーズ

FF5 モンク縛り
Rom@ncing iDOL
NAMxCAP M@STER
ちょっと変なFF6シリーズ
ロマンティック サ・ガ
くされ戦記
朝起きたら男の子になっていた。
IDOLM@STER SAGA
NovelM@ster 同級生2i
ぷよM@S
S@G@2秘宝伝説
七夜と白レンの獅子戦争
im@s雀姫伝
M@STER SIDE STORY(FFT)
戦国アイドルマスター
スーパーアイマス大戦OG
アイマス×Gジェネ魂
アイマス戦国酔夢譚
MAGICM@STER
実況765プロ野球
アイドルたちのジャンケン大会
FF:U
閣下の統一日記
実況!アイマスプロ野球
はるかの挑戦
アイマスクエストIV 閣下列伝
iM@S Century's Episode
アイマス×kanon
IM@S FANT@SY4


HK-DMZ PLUS.com
変人窟
楽画喜堂
フラン☆Skin
New's Network
放蕩オペラハウス

エルミタージュ秋葉原
/.J
春屋
楽韓web
ラノベの杜
大洋社

読売新聞
産経新聞
朝日新聞
日経新聞
気象庁
アメダス
IMOC

PC Watch
amazon.co.jp
webコミックHi!
コミックHOLIC
ガンガンOnline

お世話様リンク

ぷにぷによいこさろん

影鈴様
Ein Wunder
郁流様
雪の足跡〜Pas de Neige〜
ようか様
FallTime
トルネード5様
夢織時代への扉
夢織様
Fujikita Revolution
藤北祥和様
NAONORTH HOMEPAGE
NAO様
Office Kira
綺羅様
戯れ言的ほめぱげ
裏次郎様
ひでひで実験室(仮)
ひでひで様
現象感情
遊様
めずらしい人生
文太様
Lv99の0乗〜裏通り〜
弥助様
碧龍のホームページ
碧龍様
Snowscape
冬蝉 夏雪様
てんしのきせき
れっちり様
KAGAMI☆CREATION
各務康之介様
『Sign for Evolution』徒然草MyP.S.
PIXSEL様
中園恒明のホームページ
あんとにお様
うっでぃーちゃいむ
いむぷれっ茶様
みちるFC〜みちる愛〜
JnJ様
SR SITE
SyuRyo様
海青玉
辰水 蓮様
不明夜
五十六様
プロジェクトキース
KAZ-A様
夜光亭
如月螢様
A Cage of Darkness
闇撒鳥様
Final Heaven
まろ様
HEPA様
-夢現-
Azel様
天城様
TAKA様
Angelic Cyber
光伸優様
シャイニングフレア
PHANTASIA様
Carnival
DNA様
Slap dash
沢渡つかさ様

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


このページ内におけるパンヤに関する全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるゲームポット株式会社、並びにNtreev Soft、Hanbit Softに帰属します。
(C)2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License
(C)2004 HanbitSoft, Inc, All rights reserved.
(C)2004 Gamepot Inc., All rights reserved.

時間のないサイト運営者リング日本放置協会そうだ、選挙に行こうやる気の無いサイトリング